もったいないお化けにさようなら

      2019/03/04

 

最近、自分が考えることが、スピーディーに目の前に展開してゆくのを、
実感する出来事が続きます。
 
必要なものについて、考えを巡らせていると、
思いがけない方法や場所で、プレゼントされて、
買わずに済んでしまうので、助かるし有難いです。

・・・ということは、
起こって欲しくない事について、
つまらない考えを巡らせていると、
そちらも、このスピード感で、現れる可能性があるわけですから、
自分を良い状態にキープすることが大切になってきます。

昔は、そんな事は信じられ無かったですし、
自分が辛い目に遭う事を、自分で願う訳がないから、
自分が原因なんて考え方は、受け入れられないとも思っていました。

しかし、セラピーを通じて、
色々なケースを見ていったのです。

・小さな子供のうちは、周りの大人の、影響を受けやすいです。

DVのある家庭だと、その原因を自分のせいだと思い込んだり、
暴力を受ける母を守るために、自分を犠牲にすることもあります。

上記は極端な例ですけれど、
程度の差はあっても、これはどこの家庭でも、起こりうる事です。

・大人になると、頭と心の深い部分の願いが、食い違っているのは日常茶飯事です。

あなたも経験ありませんか?
長年辛い状況が続くと、それが当たり前になってしまい、
状況が好転した時、何だか落ち着かなかったこと。

これが頭では好転を願いつつ、
心の深い部分では慣れ親しんだ、辛い状況を願う、
一例です。

・わざと自分に付加をかけて楽しむために、生まれようとする魂があります。

信じなくて良いのですが、
願ったことが即、叶ってしまう世界があって、退屈なようです。

そんな世界に住んでいると、願いを叶えるのに、
手間も時間もかかる地球は、魅力的な世界のようです。

・困難な状況を持って生まれて、成長するためのツールとしている魂もあります。

こちらも、信じなくて良いことですが、
死ぬ時、やり残したことや、罪悪感を持っていると、
持ち越してしまうものがあるようなんです。

生まれ変わって、やり遂げようとしたり、
罪滅ぼしをするかのような生き方をしてしまう。

・人間には計り知れない
 大いなる存在のイレギュラーな出来事としか思えないことも。

これは、もっと信じなくて良いことです。
そして、今の私にとっても、まだ疑問です。

 

とにかく、それはもう、次々と、見せつけられて、
「自分が原因」と言うのにも、
色んなケースがあるのだと思えるようになってゆきました。

そうなってはじめて、
では、どうすれば一番良いか考えて、至ったのが、
どんな状況であれ、良いことを考えていた方が、何かとお得。
という現在地でした。

今でも、つまらないことを考えて、ため息をついている時があり、
ハッと気付いて、もったいない事をしてしまったと思う事もあります。
そんな時は、
自分のクセに、気づけてラッキー&気持ちをリセット。

嘆くより、
自分自身で目の前のことを、創造している力を思い出して、
自分の在りたい姿を、考えてゆかないと、
本当に、もったいないお化けが出て来てしまう。

自分の在りたい姿を、
思い描けないなら、信じられないなら、

・喜びから
・浄化から
・実験から
・知識として理解から
・振り返って理解から
・イレギュラーの受入から

答えに近づく方法は色々あります。
セラピーもその1つです。

何かしらお役に立てば幸いです。

 

 - セラピー