スピリチュアル・ジュエリーセラピーと、その背景

      2016/10/01

オリジナルメニューの
スピリチュアル・ジュエリーセラピーと、その背景について、お話します。
 

   
大切なジュエリーは、ある特別な働きをしてくれているって、
ご存じでしたか?
私がそれを目撃したのは8歳の頃でした。

私の父は、休みの日には、近くの海岸や堤防に、
よく釣りに連れて行ってくれました。
台風の通り過ぎた後など、
大きな魚が、港の中まで避難してきている姿が見え、
その度に、父と私は、喜々として、
どうやって捕まえるか、作戦を練ったものです。

父は、船乗りでした。
病に倒れ、回復し、陸上勤務になってからも、
釣りの時や、
船乗り仲間が、家を訪ねてくれる時、
それは楽しそうな表情をしていました。
本当に海が好きだったのでしょう。

 

  
しかし、穏やかな日々は、長くは続きませんでした。
父の病気が再発したのです。
数年の療養の後、
当時の医学では、どうしようも無い状態にまで陥り、
私たち一家は、父の故郷へ移住することになります。
お店を開いて、
家族で力を合わせて、暮らしてゆこうと計画を立てたのです。

家財道具と共に、フェリーに乗り込んだのは、
寒い冬の夜でした。
海は真っ暗で、時折、船底の方から、聞き慣れない音がして、
不安な気持ちで、揺られながらの引っ越しでした。

翌日、まだ陽の昇る前の港に到着。
その足で、
父は移住先の、新しい病院に入院。
私と弟は転校先の小学校と保育園に。
母は、お店の建設に取りかかってゆきました。

 

初めての土地で、母は持ち前の明るさとパワフルさで、
生きてゆくために動いてゆきました。
一生懸命な姿に、協力者も現れ、
小さなお店が、約1年かけて、少しづつ出来上がってゆきました。

内装や備品の準備も進み、開店の日時も決まる頃には、
入院していた父が、状態が良くなり、
転院してから初めて、一時帰宅も許されました。
久しぶりに我が家に、希望が見えはじめていました。

ところが、ある朝、
目が覚めると、 母の姿がありません。
深夜、父の入院先の病院に呼び出されていました。
父が亡くなったのです。

私は、出来事の急展開についてゆけなくて、
信じられない気持ちのまま、立ち尽くしていました。

 

その後、母は予定通り、お店をオープンさせました。
今と違って、昔の田舎です。
お店を切り盛りする母は、何かと目立ちました。
それで風当たりが、きついことは、
子供の私にも伝わってきていました。

しかし母は、早朝から深夜まで、丁寧に真心をこめて仕事をし、
コツコツお店を育て、軌道に乗せてゆきました。

それでも、時に起こる、
どうしようも無く、辛い出来事には、
母は、泣くのではなく、
父が元気だった頃、
長い航海のお土産に、母にプレゼントしていた、
海外のジュエリーを取り出しては、そっと眺めていました。

その姿を見て、私は、
まるで父と母が語り合っているようだと感じました。

母は、父からのプレゼントのジュエリーを見つめるたびに、
心を落ち着けて、
明るさと元気につながり、
望む未来に向けて、現実に立ち向かっていたのだと思います。

そんな母に、父も力の限りを尽くして、
応援のエネルギーを、
ジュエリーを通じて、送っていたと思います。

これが、ジュエリーの、特別な働きを知った、最初の出来事でした。

======

 

こんなにも素敵なジュエリーの1面を
両親から見せてもらっているのに、
私は20代半ばまで、自分が何をしたいのか、
気付く事が出来ないままでした。

父を失った後、次々と起こった事件から、
弱かった私は、自分を不自由にする信念を、
沢山ため込んでしまっていたのです。
中でも、いじめは、大人になってから支障が色々出ました。
子供の頃の私は、母の状態を知っていたので、SOSが出せず、
1人で何とかしようとして、どうにもならず、
病気になり、入院して、やっとこさ逃れられたという、状態でした。
入院先で、夢の種にも出会うので、必要なことだったのでしょうが、
同じことは、もう沢山です。

意味の見いだせない幾つかの仕事を経て、
ようやくジュエリー教室で、作ることが好き!だと気付きます。
そして、その想いは、好きを仕事にしたい!にまで高まり、
ご縁に恵まれて、
ジュエリーの専門学校を経て、
ジュエリー工房へ勤めるという形になりました。

私はジュエリーの仕事をする中で、
お客様にとって、大切な人から贈られたジュエリーを、
綺麗にクリアリングして整えたり、
お客様が叶えたい夢をデザインしてつくるジュエリーと、
関わらせてもらいました。
そこで、
その人にとって大切なジュエリーだけが持つ、
特別な働きを、ますます身近に感じてゆくようになります。

この頃の私は、
ジュエリーデザインのコンテストで賞をいただく経験や、
お客様に喜ばれる経験を重ねた、
とても有難い時期でした。

 

しかし、一方で、私の中にあるものが、
次第にその姿を現し初めていました。
私は、どんなに結果を出しても、
まったく自信が積み上がってゆかなかったのです。
逆に、そんな自分のことを、
ダメだダメだと、いつも追い込み続けていました。

いつしか、私は完全に負のスパイラルに入っていました。
どんどん、孤立してゆき、
当時のパートナーと離婚。
大好きなジュエリーの仕事も、一時的に失い、
私は、ピンチに陥ってしまいます。

そんな中、ある日、私は、
守ってもらったとしか思えない出来事を経験します。
その時の私は、
かつて父が母にプレゼントしたブローチを、
ペンダントにリメイクしたジュエリーを身につけていました。

 

証明のしようが無いことですが、
大切なジュエリーを持つ人は、
ジュエリーに縁ある人達から、応援されています。
  
日常、
パートナーや友人が、居てくれるだけで、
心強く感じることがあると思います。

同じように、 
目に見えない存在が、
ジュエリーを通じて、応援してくれているとしたら、
さらに勇気が湧いてきませんか?

私は、そんなジュエリーを創っていたことを思い出し、
そからまた、頑張って、ゆくことが出来ました。

 ======

    
    
その後、
私は、ご縁に恵まれ、
「統合退行療法セラピー」(以下、セラピー)と出会います。
そして様々な方法を試しても、解決出来なかった悩みから、
たった1度のセラピーで、自由を得る経験をしました。

それで
私自身も、このセラピーを、
クライアントさんに提供出来るようになりたいと、
学んでいったのです。

どういうことかと言うと
私はジュエリーデザイナー時代、
お客様が、叶えたい夢をお持ちなら、
その想いを伺って、
ジュエリーのデザインに込めて制作していました。

そうしたジュエリーは、
目に見えて、触れることが出来る物なので、
自然に楽しみながら、叶えたい夢にフォーカスしてゆくことが出来ます。
結果的に、夢に向かって加速しながら進んでゆく、
ツールになってくれるのです。

特に、縁ある方から、
贈られたり、受け継いだりしたジュエリーを元に、
リメイクしたジュエリーの場合は、
より、意識が高まりますし、
見えない方からの応援も加わります。

 

叶えたい夢を実現させてゆく時、
準備の出来ている方や、既にコツを掴んでいる方は速いです。
反対に
課題や、タイミングがある方は、
まず、そちらを片付けることになるので、それなりの時間が必要です。
時間がかかっても、ピンチの時でも、
諦めない、本当の夢なら、いずれ叶ってゆきます。

ただ、人間には寿命があるので、
元気なうちに、夢は出来るだけ、早く叶えられると良いですよね。

状況を冷静に見つめて、 
・一生懸命、やっているのに、空回りしている
・何故かいつも同じことの繰り返しになる
・そもそも、1mmも動けない
こういった現象が現れている時、
自分では気付いていない、
抵抗となるものを、心に抱えて居る可能性があります。

・気持ちは先に進みたいのに、動くには、ものすごくエネルギーが必要
・何故、いつも同じようなことになってしまうのか分からない
・動けない自分を、ダメな人間ではないかと疑い出している

もし、そんな状況なら、
アクセルとブレーキを同時に踏み込んでいる状態に、
陥っているのかもしれません。

こうしたケースに、
セラピーは力を発揮してくれるのです。

 

======

 

セラピーでは、
問題を解決してゆくために、
必要に応じ、ご本人の同意を得た上で、
原因となった出来事を、見ることがあります。

(ここで「見る」というのは、
セラピストがリーディングするという意味ではありません。
あなたご自身が、
見て・聞いて・感じてゆきます。
セラピストは、そのサポートをする役目です。)
 
見てゆくと、
ご本人が覚えてもいないほど、幼い頃の体験が出てくることがあります。
中には生まれる前から、持ち越してきた、信念と出会うこともあります。
それらが、今に影響しているケースは、多いです。

セラピーのセッションで、
そうした、見る必要のあるものを、
今の大人の冷静な目で、見つめ、
そこから必要な事を学び、
傷付いた部分があれば、癒やしてゆきます。

その間、もちろんセラピストは、あなたに寄り添い、
必要があれば、いつでもお手伝いが出来る状態で、
スタンバイしています。
 
そして、もう要らなくなったものは手放してゆくことで、
心の中は整理され、風通しが良くなってゆきます。
すると、 叶えたい夢に向かい進む足取りも、軽やかになります。

 

こうした問題は、
・子供の頃から、悩み続けてきた人
・大人になってから、きっかけがあり、問題が始まる人
・生涯、無縁の人
本当に人それぞれです。

だから、その人にとっての問題の原因を、
見えない世界に求めること自体、的外れなケースもあります。

心の仕組みや、
身体を健康にするもの、
行動することの大切さを知ることで、
自分で進んでゆける人には、
どんどん進んでいってほしいと思っています。

行動してゆく中で、セラピー無しで、
解決することも沢山あります。

======

こんな話をしている私は、
普通の人間として生まれました。
いわゆる生まれつきの特殊能力者とは、違います。

私には、 
・子供の頃から、悩み続けてきたもの
・大人になってから、きっかけがあり、問題が始まったもの
それ以外にも、色々抱えた状態で、セラピーと出会いました。

だから私が、セラピーを学んでゆく時、
自分で自分に、人体実験をして、
そのビフォーアフターを、見てゆくようなものでした。
そして、
学んでいる最中から、
クライアント役を引き受けてくれた友人達からも、
貴重なフィードバックをもらい、とても役立ちました。
感謝しています。

そして、見えない世界のことは、
特殊な能力を持つ人だけが取り扱うことの出来る、
自分とはかけ離れた、特別なものだと思っていたのが、
実は誰もが、能力を秘めていて、
訓練によって、開かれてゆくことも分かりました。

この話は、私の限られた体験の中から、お伝えしていることです。
今の科学では、
正しいかどうか、証明する方法さえありません。

代わりに、
私がセラピーを学んだ、
トリシア・カエタノ氏のことを、
紹介しておきたいと思います。

トリシア・カエタノ氏は、今も現役のセラピストです。
問題の原因や治療法が分からず、見放された人を、
数多く解決へと導いています。
講座には、
世界のセラピストや、カウンセラー、心理療法家だけでなく、
医療関係者も、学んでいます。
その中には、
日本でもおなじみの 本「前世療法」の著者で、医師だった、
ブライアン・L・ワイス博士も含まれています。
  

======

私の人生の
前半で出会ったジュエリーと
後半で出会ったセラピー。

それぞれ、より良く生きてゆくのに、
とても役に立つツールですが、万能ではありません。

ジュエリーは夢にフォーカスしたり、
現実的な行動を促してくれます。
あなたにとって、大切なジュエリーなら、
ご縁在る方からの応援も届きます。
しかし、 
自分では気付いていない、
抵抗となるものを、心に抱えていると、
ジュエリーより心の方が、現実に及ぼす力は大きく、
不自由さからは抜け出しにくいです。

セラピーは、
心の中にあって、
自分では気付いていない、
抵抗となるものに、ダイレクトに届き、
現実の不自由さを解消することに、力を発揮してくれます。
しかし、
セラピーは無形のものですから、
素晴らしい気付きがあっても、得られたことは、
時の経過とともに、薄れやすいのです。

 

このジュエリーとセラピーのメリットとその特徴に、
私が、これまでの経験から、
2つをミックスして、
必要としている人に、お届けしたいと思うのは、
当然の成り行きでした。

ジュエリーだけでは弱い部分と、
セラピーだけでは弱い部分を、
互いに補完し合えると気付いた時、
これでクライアントさんにより良い物を届けられると、
飛び跳ねながら、あるビジョンを見ていました。

私の夢の一つは、使命を生きてゆく人を、
お手伝い出来る場を創ることです。
そのベース創りに、
2つをミックスしたサービスが、
沢山の方に役立ててもらっている、イメージが広がったのです。
同時に、
これまで生かされてきた間の経験が、
一つに、つながり輝きだし、
どれ一つかけても、ここにたどり着けなかったと、分かった時、
うれしかったことだけでなく、
悲しみにくれたことにも、
感謝が湧き起こっていったのです。

 

スピリチュアル・ジュエリーセラピーが誕生するまでの事を、
駆け足でお話ししました。
それでも、ここまで長かったですよね。
読んで下さってありがとうございます。

ここまでの話で
・考えられる限り手を尽くし、解決出来ない問題に、途方にくれているなら
・夢の実現に向け、やることは決まっているのに、1mmも動けないとしたら
・何故か分からないけれど、必要だと、直感的に感じているとしたら 

スピリチュアル・ジュエリーセラピーが、
あなたの、自由を取り戻し、
夢の実現に役立つ可能性があります。

Skypeオリエンテーション
体験セッションは、
ご予約をお願いいたします。
→ 予約窓口

 

大切なジュエリーのこと、
セラピーのこと、
ご相談がありましたら、
フォームからお問い合わせ下さい。
→ フォーム 
  

   ZUB5_DSC_9786_TP_V3-1024x712

 

私は人は生まれ変わっていると、考えていますが、
縁ある人達と、今と同じ配役は一度きり。
その意味で、人生は、一度きりだとも感じています。

人生最後の日に
全てやりきったよ、おかげ様、ありがとう。
そんな風に感謝出来る、一生涯にしたいものですね。

 

====

お寄せいただいた体験談を、許可をもらって、ご紹介します。

メニューは
「スピリチュアル・ジュエリーセラピー」をベースに、
「スピリット・アタッチメントとスピリットの解放」と、
「幸せな輝きがよみがえるジュエリークリアリング」を、
組み合わせて 受けていただきました。

 

====(体験談01ここから)====

このセッションを受けて1ヶ月経ちました。

セッション後数日後、一週間後、また元に戻っていたらどうしようと言う思いが心のどこかでよぎった事も正直ありましたが、みちこさんが「何かありましたらすぐご連絡くださいね」と言って下さっていた事がとても心強く、また以前のようなモヤモヤに襲われる事もなく、本当に穏やかに過ごせています。

このセッションを受ける事になったのは本当に「そうなるように導いてくれた全て」のおかげだと思わざるをえません。

何よりもみちこさんとのご縁やセッションの話を聞く事ができた機会に感謝しています。

(きっかけとご相談)

きっかけはみちこさんと御飯をご一緒していた時にたまたま軽い気持でお聞きしたセッションの話でした。

このセッションの特徴をお聞きしていた時「なにか分からないけれど気になる」「何かわからないけれど自分に必要なものかもしれない」と感じました。

どこか必要に感じた私はやけにその話に食いつき、その場ですぐにみちこさんにご相談させて頂く事にしました。

ただ、いざ話そうと思ったら、自分の中で相談しようと思う事が何故か全てピンときません。

おかしいなおかしいなと思いながらも、みちこさんに辛抱強く、また優しく穏やかに聞いていただきました。

そうして頭の中の物が出尽くした後に「必死に抑えて戦っていた恐ろしい妄想と衝動」という問題、悩みにぶち当たりました。

本当はこれこそが最も自分が相談すべき事で、自分がこのセッションを必要としている理由だったのでした。

何故最も自分の中で重大な事が最後まで出てこなかったのかはセッションの中でも分かりましたが、同時に自分が人に誤解されるのが嫌でそれだけ人前で抑え隠し続けていた問題だ、と言う事も再確認しました。

(セッションの流れ)

こうしてようやく突き止めたい問題が分かったので、今度は自分のお守りになるジュエリーのご相談になりました。

このメニューでは、セッションの後に自分のお守りになるジュエリーを身につける事ができます。それによってセッションでの出来事を思い出したり、お守りに護られる事で新たな一歩を踏み出す勇気をもらう事ができます。

お守りジュエリーはみちこさんにオリジナルでデザインして頂く事もできますし、いつも自分が大切に身につけているジュエリーをお守りにする事もできます。

私はお守りとして毎日身につけたいので、結婚指輪のストッパーとしてつけている指輪をお守りにする事にしました。

そしてこれをセッション前にみちこさんにクリアリングして貰う事になります。

クリーンでクリアな状態のジュエリーと共にセッションを受ける、という流れです。

指輪は私のお気に入りですがカジュアルな物なので、クリアリングして頂くのは恐縮でした。

けれどみちこさんはとても丁寧に、それはそれは綺麗にクリアリングして下さいました。

このクリアリングの後にセッション本番の日にちが決まりました。

セッションはこのお守りの指輪と共に受けました。

(セッション当日)

セッション当日は時間をたっぷりとって頂き、それはそれは丁寧にみちこさんが話を聞いて下さいました。

そこでまたセッション本番への安心感が増しました。

私が今回抱えている問題は誤解をされたくないので誰にも言えず、誰にも相談できない事でした。

恐ろしい妄想や衝動のような物を時に抑え込み、時に戦い、そして疲れていました。

この悩みはこの数年で出て来た物で、いつ、何をきっかけに始まったのか見当も付きませんでした。

そんな誰にも言えなかった事を安心し、信頼して話せる事もとても有難かったです。

セッション本番はまったく私の想像していなかった事ばかりで驚きました。

「もしかしたら原因はあんな所にあるのではないか」などと言う、自分が予め何通りか想像していた内容とは全く別の、大きくかけ離れた何かでした。

みちこさんの声に導かれて沢山のイメージを旅しました。

こんな事絶対に誰も信じてくれないだろうな、というイメージを見たり受け取ったりしているのですが、私の中でどんどん腑に落ちていきます。

自分が「邪悪」だと思い悩んでいる部分に焦点が当てられ、それに関するストーリーも体験しました。

それも普通に話したら誰も信じないであろうストーリーですが、私にはパズルのピースがパチパチと合っていく感覚でした。

かなりの時間が経ち、自分の中のストーリーが一通り終わり、問題が解決したかの様に思えました。

しかしそこで何故かみちこさんが1から確認作業を始められました。

正直もうクリアになってるだろうからその必要はないんじゃないか、みちこさんも疲れているんじゃないか、と思っている自分がいました。

が、実はここからが本番で、最も自分が解決したい最も重大な問題はここから更に奥に隠れていたのでした。

私は表面的な事に満足していてすっかりこれでクリアしたと思っていたのです。

真犯人とも言うべき問題は巧みに姿を隠していて、みちこさんはそれを感じ取り確認作業をして下さっていたのです。

そのずる賢く隠れていた真犯人は本当にしつこくこびりつくように私の中に潜んでいて、そのストーリーも見ていくうちに時期や思い当たる出来事など納得できました。

私のこの数年になって急に現れた恐ろしい気持や衝動などの元がここから来ていた事が明らかになった所で、その真犯人に出て行って貰うべく作業が始まり、かなり時間が費やされようやく問題がクリアになりました。

実際の時間も結構経っていたと思いますが、作業中の感覚も長いストーリーを体験し、長く時間が経過したように思えました。

同時に「ようやく(問題が)終わったか」と、深呼吸したくなる気持ちになりました。

セッションが終わると長旅から戻ったような感覚になっていました。

最後にお守りのジュエリーを受け取りセッションは終わりました。

セッションの後もみちこさんと感想などについてお話ししましたが、セッション中にみちこさんが身を潜めていた真犯人の存在に気づいてくださった事や、ご相談を通して本当にみちこさんと言う女性が信頼でき穏やかで話しやすい方だという事、問題解決に向けてとても誠実に真剣に考えて下さっている暖かい方だという事が本当に有難く、ただただ感謝するばかりです。

そして肝心の問題についてですが、セッション後、私の思い悩んでいた「邪悪」と呼んでいた部分がもう消えていてびっくりしています。

そんなダークな部分にスイッチが入る時の条件みたいな物があったのですが、そんな条件も関係なく消えているので本当に今穏やかな気持ちでいられます。

自分のこうした悩みや問題自体、どこで解決できるかも分からずにいたので、

色々試したけれどやっぱりどうしていいのか分からない、という方や、このメニューに私のようにピンと来た方にはこのセッションは合っているんじゃないかと思います。

勿論このメニューが全ての人や全ての悩みに向いている訳ではないですが、ご自身の悩みにこのセッションが向いているかどうかもセッション前のご相談の時点で見えてくるかと思います。

もし合っているようでしたら問題をクリアしていく選択の一つとして体験者の私としましては是非おすすめしたいと思っています。

お守りジュエリーの存在もとても嬉しいです。

新しく自分用にオリジナルをデザインして頂けるのも素敵ですし、自分の愛用していたジュエリーがそのままお守りになるのもなんだかワクワクしてとても嬉しい事です。

嬉しい事が重なるこのセッションのメニューはとても魅力的だと思います。

この度は本当にどうもありがとうございました。

また、他のメニューでもどうぞ宜しくお願いいたします。

====(体験談01ここまで)====

 

Skypeオリエンテーション
体験セッションは、
ご予約をお願いいたします。
→ 予約窓口

大切なジュエリーのこと、
セラピーのこと、
ご相談がありましたら、
フォームからお問い合わせ下さい。
→ フォーム

 - ジュエリー, スピリチュアル・ジュエリーセラピー, セラピー