行動を支えてくれるもの

   

本気で理想を叶えたいと思ったら、行動することになります。

切羽詰まって、やるしか無くて、それで成功する人もいますが、

ここでは、そうでは無いケースを見たいと思います。

 

何もしなければ、これまでの生活が続くけれど、

その先は、どうなるか分からない。

ならば、やりたいことで、理想を叶えたいと思っている人です。

 

日々の生活に加えて、新たな行動をしてゆく場合。

行動を支えてくれるものが必要です。

支えとなるものは人それぞれですが、

多くの場合、次の4つがランクインします。

・体力

・時間

・お金

・心

 

それぞれ見てみましょう。

 

体力

体力が無いと、何をするにも困ります。

高めようと思うと、一朝一夕には成らないです。

普段から意識して高め、キープしておくと良いです。

気になっている部分があれば、治療も終わらせておきましょう。

→ スポーツジムに行かなくても体力UPできる方法

 

 

時間

誰にも平等に与えられている24時間。

仕事や、家事や育児などを引いて、残る時間はどれ程でしょう?

睡眠時間を削って頑張っていませんか?

無理を楽しめているなら大丈夫

でも、心や体の健康を害しては本末転倒です。

時間の棚卸しをして、

自分が使える時間が、どれだけあるのか、見ておくと良いです。

→ 時間を棚卸しする方法

お金

理想を叶えることを、人間の成長と重ねてみるなら、

お金の役割は、血液に似ています。

血液が減りつづけると、人は健康を失い、動けなくなります。

どれだけお金が必要か、書き出しておくと良いです。

→ 自分にとって必要なお金がいくらか知る方法

健康な心を土台に持っていると、何事もスムーズです。

行動する前に、気が付いているトラウマ的な問題は、

早めにケアしておきましょう。

行動をして、はじめて気付けるようになるものもあります。

気付くだけで、解消するものばかりではないので、

自分では手におえないと思ったら、

早めに相談出来る場を活用して、解消を。

おもりが無くなり、楽に活動しやすくなります。

これは、反対側からも見てみて下さい。

行動をはじめて、辛い状況が続いたら、

何かしら、気付いていない問題を抱えているのかもしれません。

→ 動きたいのに動けない時に、変化を導く方法

 

20090503_keukenhof_034_w800

いかがだったでしょうか。

行動を支えてくれるもの達、

すでに持っているものがあれば、大切に。

まだ今は無くても、絶体条件でもないので、

自分に合った方法で、進んで下さいね。

 

 

<ご相談・お問い合わせ>
 お問い合わせフォームよりお受けしています。

 - 未分類